こんなときどうする

家や土地などの不動産を売りたい方向けの事例集です。 家を売却する理由や状況は様々です。それら1つ1つを「こんなときどうする」としてまとめました。

家を売る時、どこまで綺麗に修繕すべきかでしょうか

家を売却するときどこまで綺麗にするの

 日々生活していると壁紙(クロス)が剥がれたり、フローリングが凹んだりしますね。時を重ねる毎に傷みも大きくなるものです。

家を売却する場合の代表的な傷みと言えば、次になります。

・電気が切れている(ショートして電球を交換してもつかない)
・壁紙が剥がされている、絵を描かれて汚されている
・換気口周りがほこりでくろずんでいる
・壁に穴があいている
・ガスコンロ周りの油はね。
・キッチンの目地の緑のカビ
・フローリングのへこみ穴やきず
・お風呂場のカビやぬめり

家を売却するときにどこまで綺麗に修繕すれば良いのでしょうね?
続きを読む

ローンが残っている家を売却する時につなぎ融資を使わない方法

同時決済

一般的には、ローンが残っている家を売却するときは、まず抵当権を抹消してからでないと売却できません。売却金額を使ってローンを返済するにしても、売却の前に返済しないと抵当権がはずれませんので、その抵当権を外すために一時的につなぎ融資が必要となります。しかし、つなぎ融資も審査はありますし、一般的に住宅ローンの金利より高くなります。短い期間とはいえ、利用するためにかかる労力と無駄な費用は使いたくないですね。つなぎ融資を使わないでも売却する方法を教えます。

続きを読む

家の売却で使える無料のクリーニングサービスと効果的な使い方

ハウスクリーニングサービス

 家を売買するには、商品である住まいが汚い状態では売れるものも売れません。最低限でも住まいを売れる状態にする必要があります。お金を使えば磨きあげることもできますが、仲介手数料を始め不動産の売買には色々とお金が必要となります。できればお金をかけずにハウスクリーニングができると嬉しいですね。ここでは、仲介不動産会社が提供する「無料」のハウスクリーニングサービスと効果的な使い方をご紹介します。

続きを読む

買い先行による住み替えでダブル(二重)ローンを回避する方法

ダブルローンの回避

 出来れば買い先行で住み替えしたいと思っている人は多いはず。しかし、現状は、持ち家の住宅ローンの残債が理由で買い先行による住み替えをあきらめている方が多いのではないでしょうか?

 でも諦めないでください。住宅ローンの融資条件をうまく利用することで買い先行による住み替えを行うことができるようになります。ここでは、持ち家に住宅ローンの残債があってもダブル(二重)ローンを回避し、買い先行で住み替えする方法を教えます。
 

続きを読む

秘密です!近所に知られず家を売却する方法

近所に知られず売却

 家を売却する時、近所の目をきにする人って少なからずいますよね。引っ越した後であれば、気にする人も少ないと思いますが、居住中であれば近所の目を気にする人は以外と多いようです。ここでは出来るだけ近所の人に知られず家を売却する方法を教えます。

続きを読む

住宅ローンの店頭金利と優遇金利の違い

住宅ローンと金利

 住宅ローンのパンフレットやホームページを見ると店頭金利とあります。それを見て、え〜低金利だって言うのに、こんなに高いの!?とびっくりすることはありませんか?住宅ローンには店頭金利(基準金利)や適用金利(優遇金利、表現金利)といくつかの金利がありますが、実際に適用される金利がわかりません。実際に住宅ローンの審査結果を例に各種金利や融資条件について説明します。

続きを読む

建物保証サービスで家の売買も安心

建物保証

 設備・機械は経年とともに故障確率が高くなり、いままで一度も故障しなかったものが突然故障したりします。住まいを売却する際、売却後3ヶ月は瑕疵期間になり、売却側に責任が発生します。そうなると、物件を引き渡ししても、購入者からクレームや請求を受けることになり、売却後も安心して眠れません。それを解決してくれる無料のサービスがありますので紹介します。

続きを読む

これでマンション売却も安心。住宅設備保証サービス!

 設備・機械は経年とともに故障確率が高くなり、いままで一度も故障しなかったものが突然故障したりします。住まいを売却する際、売却後7日間は売主の瑕疵期間になり、売却側に責任が発生します。物件を引き渡ししても、購入者からクレームや修理費用請求を受けることになり、売却後も安心して眠れません。それを解決してくれる無料のサービスがありますので紹介します。

続きを読む

上手に使いたい、つなぎ融資

つなぎ融資

 不動産を購入する際の資金調達は高額になるため慎重になります。住み替えのように、所有する不動産を売却して新たに不動産を購入する場合の売却物件の決済が終わるまでの間や、土地を先行して購入してから建物を建て引き渡しを受けるまでの間など一時的に資金が必要なときに活用できるのがつなぎ融資です。つなぎ融資の特徴や代表的なサービスから、その活用術やつなぎ融資を回避するための方法まで解説します。

続きを読む

居住中の住まいでの内覧対応術

居住中の住まいの内見チェックポイント
 居住中の住まいって生活感がたっぷりあり、整理整頓するだけで良いのでしょうか?。生活しながらの内覧対応って難しいですよね。住まいを見に来てくれた買主に、しっかりと物件価値を判断してもらうためには、売主として、買主の目線でチェックポイントを作成し、確実に対応することで住まいの物件価値を納得してもらうことが売買成立につながる確率が高まります。
 

続きを読む