これで家の売却も安心!不動産会社選びの7つのチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
信頼できる会社

 不動産売却を成功させるためには、まず最初に不動産会社選びです。安心して売却を任せられる信頼できる会社を選びたいですね。とは言っても数多くある不動産会社からどのようにして絞り込めば良いのかわかりません。信頼できる会社の傾向として次の7つがあります。ぜひ不動産会社選び方のチェックポイントとして活用してください。

[目次]
1.豊富な売却実績を持っているか
2.ホームページがわかりやすいか
3.売却ユーザをサポートする売却サービスが揃っているか
4.査定価格が非常に安いか非常に高い価格を出してくるか
5.居座り営業をするような会社か
6.最初から仲介手数料を引く会社か
7.「この不動産を購入するお客様がいます」で誘うような会社か
8.信頼できる不動産会社の選び方のまとめ

1.豊富な売却実績を持っているか

 不動産仲介会社といってもいろいろあります。賃貸中心、売買の客付け中心の会社もあります。はやり、売却実績を数多く持っている会社に任せたいものです。
 事前確認方法として参考になるのが、登録免許の更新回数です。 不動産事業を行うためには免許登録が必要になります。免許は5年毎に更新され免許番号に更新回数が表示されます。免許番号は会社のホームページやチラシ、事務所に掲載されています。
 例えば、国土交通大臣(3)第6101号
と記載されている場合、参考にできるのは()内の番号です。不動産会社として登録されると最初は(1)です。(3)と記載されていれば3回更新未満を意味しますので14年以内の営業年数となります。 営業年数が長ければ良い会社と考えるには単純すぎますが、長い間営業していることは長くお客様に信頼されていることも考えられますので参考にはなると思います。
 

2.ホームページがわかりやすいか

 ホームページは会社の顔と言っても過言ではありません。会社としての経営方針、取り組み姿勢、 売却サービスメニュー等を分かりやすい形で表現している会社は、ユーザにかわってもらう努力をしていると考えてよいと思います。一方でホームページをわかりやすく整備していない会社は、避けた方が良いでしょう。
www.residenceguide.net/selling-support-menu
 

3.売却ユーザをサポートする売却サービスが揃っているか

 家の売却は、それぞれの方の売却理由により、相続、離婚、住宅ローン不払いなどに関する知識が必要です。企業としても、売主の売却をサポートするサービスがあるかどうかは大きなポイントとなります。
 確かに、サポート力に関しては、大手企業の方がサポートメニューとして充実していますが、中小企業でもできることを考えて提供している会社もあります。売却ユーザは不動産会社のサポート力を見極め、信頼できる企業であるかを判断した方が良いでしょう。
 

4.査定価格が非常に安いか非常に高い価格を出してくるか

 査定価格が異常に高い会社や低すぎる会社は要注意です。やはりどこか査定のポイントが抜けているか過剰評価している可能性があります。取引実績の少ない会社、会社として担当者任せでマネジメントができていない会社はこの傾向があります。過剰評価は結果として売却期間が長くなり、低い評価はすぐに売却できるかもしれませんがもっと高く売却できたのではと後悔が残ります。信頼できる会社という意味では、このような会社は対象から外れます。  

5.居座り営業をするような会社か

 営業としてなんとか契約をとりたいという気持ちはわかりますが、強引過ぎるのも良くありません。強引な営業はイメージが良くありませんし、必ず最後にはクレームにつながりますので、このような営業をするような会社は候補から外しましょう。

6.最初から仲介手数料を引く会社か

 仲介手数料を割り引いてくれるのはうれしいですが、最初から割り引くのはどうでしょうか。このような営業なら、早く売りさばきたくて、購入者の要望を聞き過ぎ、売り出し価格を下げるように言ってきそうです。
 普通の会社であれば、営業方針があります。営業担当者の判断で仲介手数料割引を行うような会社はある意味で統制されていなく、会社として信頼するに値しない可能性が高いものです。 当然、0.5%までなら営業担当者判断で手数料割引をしても良いという方針を出している会社もあると思いますが、営業であればそれでも最初から手数料割引という有効な武器を出すことはしないでしょう。 そんな武器は使わないでも、我々なら安心して任せられますよ、と思わせる交渉をする会社を選定すべきです。信頼でき、任せるに値する会社と判断した後に、手数料割引を売却者側から持ち出すのは会社選定には問題なく、是非交渉してみましょう。

7.「この不動産を購入するお客様がいます」で誘うような会社か

 ポストにこの手のメッセージが書かれたチラシが入っているケースが多いですね。これは「おとり広告」に近いものです。この手の広告を行い公正取引委員会から是正勧告を受けた大手不動産会社もあります。
 本当に買いたいお客様がいるのであれば問題ないのですが、本当かどうか分からないから指摘を受けるわけです。このような営業活動してくる会社は気をつけた方が良いでしょう。

8.信頼できる不動産会社の選び方のまとめ

 どうしても家の売却を安心して任せることができそうにもないな、と思ったら不動産会社を変更することも考えてください。 高額な家の売却を納得できない会社に妥協して委託してしまうことは成功確率が少なくなりますし、後で後悔することにもなります。
 不動産会社を変える候補として、一括査定サイトを使うもの1つです。複数の不動産会社が掲載されていますので、不動産会社情報を見て新たな気持ちで依頼してみてはいかがでしょうか?
 
 NTTデータグループが運営する無料のHOME4Uの売却査定サービスには、信頼できる不動産会社が多く登録されていますので、査定を複数社に依頼して、売却の提案を受けながら、上記の7つのポイントで確認して、安心して任せられる不動産会社を探してはいかがでしょうか?
 
 
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営履歴 2001年11月~
公表社数 約550社
NTTデータグループが運営し、大手から地域密着企業まで数多く登録。個人情報保護やセキュリティがしっかりしていてとても安心です。これまで数多くのユーザが活用している人気のサイトです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る